TOPICSトピックス

被爆直後の色に再現~原爆ドーム~

2021/03/31


 広島市の世界遺産・原爆ドームの5回目の保存工事がほぼ完成し、昨年10月ごろから建物を囲っていた足場が撤去され、久々に姿を現しました。

 
 保存工事は昨年9月に始まり、ドーム部分や、らせん階段を塗装し、柱のひび割れを補修。

 約30年前の塗料が風化しピンク色だった原爆ドームの屋根部分の鉄骨は、被爆直後に近いとされる「焦げ茶色」に塗り替えられました。

 
 被爆直後の色に再現された原爆ドーム。76年を迎える今も、きのこ雲の下で起きた被爆の実相を、静かに物語っています。