TOPICSトピックス

ホームトピックスSDGsって何?!シリーズ②

SDGsって何?!シリーズ②

2018/08/13

SDGsって何?!シリーズ②


「SDGs」特集第2弾です。

前回のおさらいですが、SDGsとは、国連が定めた「持続可能な開発目標」のことで、「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」「安全な水とトイレを世界中に」など、2030年までに達成すべき17の目標が掲げられています。

目標が壮大すぎて、個人の関わり方はないように感じてしまう人も多いですが、そんなことはありません。寝ながらでも、家にいながらでも出来るアクションがあるのです!

 

国連広報センターは、「持続可能な社会のために ナマケモノにもできるアクション・ガイド」を発表し、レベル1「ソファに寝たままできること」、レベル2「家にいてもできること」、レベル3「家の外でできること」に分けて、約40種類の個人でできるアクションを紹介しています。

 

例えば、レベル1にあるのが「紙の節約」。請求書が届いたら銀行窓口ではなくオンラインやモバイルで支払う、覚えておきたいことをオンラインで見つけたら印刷せずにノートにメモするなど。レベル2では、食べきれない食品は冷凍する、簡易包装の品物を買うなど、主婦の方も実践しやすい項目が。レベル3では、車移動は避けて自転車や公共交通機関を利用する、中古品店から掘り出し物を見つける、買い物にはマイバッグを持参するなどが紹介されています。

 

意外とSDGsを身近に感じて頂けたのではないでしょうか?

「これなら私にも出来そう!」というものから生活に取り入れ、実践していきたいと思います。

また引き続いて今後もSDGsを特集していきます。