TOPICSトピックス

ホームトピックスブラジル・パライバ連邦大学総長一行が広島へ

ブラジル・パライバ連邦大学総長一行が広島へ

2018/06/10

ブラジル・パライバ連邦大学総長一行が広島へ


6月10日、ブラジル・パライバ連邦大学のマルガレッチ・デ・ファチマ・フォルミガ・メロ・ジニス総長一行が広島を訪問されました。

 

一行は、広島平和記念資料館を見学されたあと、原爆犠牲者慰霊碑に献花をされました。

 

 

 

その後、広島池田平和記念会館を訪問。広島青年平和委員会を中心に歓迎しました。

会館1階の常設展示「〝ヒロシマの心〟と青年」展を見学。

 

懇談でジニス総長は、「創価学会、そしてSGI(創価学会インタナショナル)が世界に平和の連帯を広げていることを理解し、その活動に賛辞を申し上げます。創価学会が発信する平和のメッセージは、世界中に伝わっていると思います。」と語られました。

 

各地の識者の皆さまから寄せられる期待に応え、永遠平和原点の地・広島より、平和の心を広げていきたいと思います。