TOPICSトピックス

ホームトピックスヘイワッシーの史跡シリーズ④「江波山気象館」

ヘイワッシーの史跡シリーズ④「江波山気象館」

2017/02/21

みんな、元気にしとるかね?ワシはヘイワッシーじゃ。

第4回目の史跡めぐりのコーナーがやってきたぞ。

 

今回は、子どもたちにも大人気のスポット、江波山気象館じゃ。

江波山気象館は全国でもめずらしい、お天気の博物館なんじゃ。

風の強さが体験できる「突風カプセル」や、台風や雲の中に入ったような雰囲気を味わえる「タイフーンボックス」など、お天気について楽しく学べるんじゃよ。

 

そんな江波山気象館も、実は被爆建物

当時、気象台があった江波山は、爆心地から約3.7㎞の位置にあり、建物は、爆風の直撃を受けてしまった。

気象台員の多くも負傷しながら、その後も一日も休むことなく気象観測を続けたんだそうじゃ。

 

建物には、被爆した当時の曲がった窓枠や、ガラスが突き刺さった外壁なども保存されておる。

 

みんなも江波に来た際は、ぜひ行ってみてくれ!

いよいよ3月、春がもうすぐやって来るのう。

 

江波山気象館

〒730-0835 広島県広島市中区江波南1-40-1

※小・中学生までは無料