TOPICSトピックス

ホームトピックスヘイワッシーの史跡シリーズ③「不動院」

ヘイワッシーの史跡シリーズ③「不動院」

2016/11/14

みんな、元気にしとるかね?ワシはヘイワッシーじゃ。随分お待たせしたが、第3回目の史跡めぐりじゃよ。

不動院の前身は、14世紀中頃に建てられた山口県の寺であると言われておるんじゃ。その後、今の場所に移築し、現在の姿になっているそうじゃよ。
ここには、市内唯一の国宝である金堂のほか、国・県・市の指定の文化財がたくさん所蔵されておる。

不動院は市の中心部から離れた場所に位置しているため、爆風以外は、あまり大きな被害を受けることは無かった。
しかし、被爆した人々が不動院の境内に溢れ、この地で息絶えた方も多かったそうじゃ。

今では紅葉スポットとして有名な不動院じゃが、被爆建物としての一面もあったんじゃなあ。

そろそろ寒くなってきたし、冬支度をせんといけんのう。
みんなも風邪やインフルエンザには気をつけるんじゃよ。

不動院

〒732-0068 広島市東区牛田新町3丁目4-9