TOPICSトピックス

ホームトピックス「地図から消された島」――大久野島

「地図から消された島」――大久野島

2016/10/03

「地図から消された島」――大久野島


皆さんは、かつて地図からその存在を消された島があるのをご存知ですか?
それは、瀬戸内海に浮かぶ大久野島です。
現在は野生のうさぎが生息している「うさぎ島」として有名で、国内外からたくさんの人が訪れる観光地となっています。

なぜ大久野島は地図から消されたのでしょうか?
実は、ここは昭和4年から20年までの16年間、毒ガスの製造が行われていた島だったのです。
当時、日本軍が毒ガスを製造していた事実は秘密にされていました。
そのため、日本地図では大久野島全体が空白地帯として扱われ、地図上からその存在を消されていました。
毒ガスを製造していた事実が広まったのは昭和59年。それ以降、毒ガス製造についての実態や、そこに従事していた方の健康被害が明らかになっていったのです。

現在大久野島では、当時の資料や毒ガス製造時に着ていた防護服など、その実態が「毒ガス資料館」に展示されています。
また、島の中には砲台跡・発電場・毒ガス所蔵庫などが残されています。

きれいな海と、愛らしいうさぎが来る人の心を和ませる大久野島。
島全体が、平和な世界を希求しているように感じられてなりません。

大久野島毒ガス資料館

〒729-2311 広島県竹原市忠海町5491番地