TOPICSトピックス

ホームトピックスヘイワッシーの史跡シリーズ②広島アンデルセン

ヘイワッシーの史跡シリーズ②広島アンデルセン

2016/06/13

みんな、元気にしとるかね?ワシはヘイワッシーじゃ。

第1回の史跡めぐりが大好評じゃったけぇ、第2回目がやってきたわい。

 

今回は、広島の中心街・本通りでワシたちを甘~い誘惑で魅了する、おいしいパン・スイーツで有名な「広島アンデルセン」じゃ。

「広島アンデルセン」の建物は、元々は帝国銀行広島支店で、当時はルネサンス様式のモダンな建物として有名じゃったそうな。

しかし、爆心地から360メートルで被爆。

天井や壁などは崩壊したが、地下の金庫などは無事じゃったけぇ、何とか営業を続けることができたんよ。

その後、1967年にアンデルセングループが買い取り、「広島アンデルセン」として営業を開始。

今では本通りで唯一残る被爆建物として、みんなの心に残っていけるような建物にできるよう、現在リニューアル中じゃ。2018年にリニューアルオープンだそうじゃよ。

 

ワシも大好きな「広島アンデルセン」にはそんな歴史があったなんて、知らんかったのう。さて、次はどんなところを紹介しようかな。

梅雨が続くけど、ワシの旅は終わらんぞ。

 

 

広島アンデルセン

〒730-0035 広島市中区本通7番1号