TOPICSトピックス

ホームトピックス被爆証言集発刊に向け、聞き取り開始

被爆証言集発刊に向け、聞き取り開始

2016/03/28

被爆証言集発刊に向け、聞き取り開始


 被爆証言集発刊に向け、創価学会広島女性平和委員会が先月2月27日から聞き取りを開始しました。被爆70年の節目に、毎年発刊をしてきた3部作の最後を飾ります。また、広島発となる証言集としてはこれで10冊目。今回は女性に焦点を当て、被爆後さまざまな偏見や障害を乗り越え、生き抜いて来られた体験を残していく貴重な証言集となります。

 ある被爆者の方は、「原爆投下から70年を過ぎた今、平和を継承するにはここからどう取り組むかが大事です。勝負は今年だと思います」と語られました。

 広島女性平和委員会の渡邉委員長は、「今回の趣旨に賛同し、初めて語って下さった方もおられます。想像を超える偏見や障害を乗り越えてこられた女性の被爆者の皆さんの赤裸々な思いを残すことで、多くの人の人生を一瞬にして破壊する原爆の悲惨さ、そして平和の尊さを感じていただけるものにしていきたい」と、発刊に向けての思いを語っています。