HIROSHIMA SOKAヒロシマSOKA

ホームヒロシマSOKA池田SGI会長の言葉永遠平和の原点・広島

永遠平和の原点・広島

希望の世紀へ 人間勝利の讃歌を!

2000年8月12日付 聖教新聞

この八月六日、並びに九日は、今世紀最後の「原爆の日」であった。
私は、心から追善の題目を捧げながら、平和の新世紀を開きゆく、広島と長崎の使命が胸に迫った。

「大思想は 原爆を恐れじ」
四十年ほど前の夏、私は、広島の一人の乙女に、こう揮毫して贈ったことがある。
彼女は、小学校一年生の時に被爆し、原爆症の発症の恐怖にさいなまれながら、青春の日々を暮らしていた。
十七歳で入信。皆と学会活動に励んでいる時はよいが、一人になると、胸の奥に不安の火種がくすぶり始める。
それでも、「聖教新聞」の通信員として、言論の力で平和に貢献したいと奮闘していた。
この健気な一女子部員のことを伺った私は、即座に、筆をとった。彼女の心に、何ものにも負けない“魂の柱”を打ち立ててほしかったのである。
「妙法という大思想は、核兵器の力より強い。
原爆の影などに怯えるな! 断じて恐れるな!」と。
嬉しいことに、つい先日も、広島城のある地域で、支部の婦人部リーダーとして、元気に活躍される彼女の近況を伺った。
あの時以来、聖教通信員も、実に四十年、一貫して務めてくださっている。
こうした方々の尊貴な人生を賭けた戦いに支えられながら、平和創造の希望を世界に発信している機関紙が、わが「聖教新聞」なのである。

わが師・戸田先生は、不滅の「原水爆禁止宣言」で、烈々と獅子吼された。
「核兵器はサタン(悪魔)の産物であり、それを使用するのは、サタンの行為である!」
核兵器の本質は、人類の生存の権利を奪う「奪命者」である。「絶対悪」である。
そして、先生は、宣言に込められた「思想」を全世界に広めることが、創価の青年の使命だとも言われた。
「広宣流布」即「世界平和」の戦いは、根本的な思想戦であるといってよい。
たとえば、「核廃絶なんか、夢物語だ」という“現実論”があった。
しかし、人間が生んだ問題なら、人間の英知で解決できるはずだと、なぜ考えないのか? それは、権力の魔性に屈服した、敗北の思想ではないか?
その「あきらめの無力感」に、戸田先生は、真っ向から挑まれたのである。

青い空が広がっていた。
一九七五年(昭和五十年)、学会創立四十五周年を迎えゆく、十一月八日のことである。
広島市の「平和記念公園」を訪問した私は、原爆慰霊碑に花を捧げ、全犠牲者の冥福を深く祈念させていただいた。
「安らかに眠って下さい
過ちは 繰返しませぬから」
碑文が胸を突いた。
人類が犯した過ちを繰り返さぬために、何ができるか。祈りは誓いとなり行動となってこそ、真実の祈りである。
翌日、第三十八回の本部総会が、平和の原点・広島で初めて開催された。
「歓喜が爆発した本部総会にしよう!」。広島の同志の喜びと決意が、県立体育館に、熱く熱く沸騰していた。
この年は、悪夢の原爆投下から三十年であった。そして、わがSGIが発足した年である。
私自身、ここ広島の地に来るまで、世界を走り抜いてきた。
前年には共産圏の中国・ソ連を初訪問。さらに、年明けには、全国一千万人に上った青年部の反核署名を、自ら国連の事務総長に届けもした。
「平和への闘争」なくして、広島を訪ねることはできないというのが、私の信条である。
本部総会で、私は、「世界の恒久平和の実現」こそ、学会のめざす大道であると強く訴え、「広島での国際平和会議」など具体的提言も申し上げた。
「戦争の二十世紀」の犠牲となった広島を、「平和の二十一世紀」の聖地へ!
総会は、その転換への出発となったのである。

この広島で、「第六回世界青年平和文化祭」が開催されたのは、それから十年後の一九八五年(昭和六十年)の十月のことであった。場所も同じ、広島市の県立体育館である。
「永遠の平和 広島」!
感動のフィナーレで浮かび上がった、白い大きな文字が、今でも鮮やかに脳裏に蘇る。
大歓喜の渦の中に、アメリカやアジアなど、世界の五大州の友がいた。広島の青年が輝く瞳で乱舞していた。
そこには、歴史を永遠の平和へ回転させゆく、若人の熱と力が燃えていた。
広島に滞在する時は、毎回、私は時間があれば、車で市内を回り、車中から題目を送るよう、常に心がけている。
文化祭の翌日、私は、再び原爆慰霊碑に向かい、追善した。
この日、世界四十六カ国・地域のSGIの同志も、慰霊碑に献花した。
私は心強かった。偉大な使命感に燃えた、民衆の「平和の連帯」の世界的拡大こそ、悪魔の兵器の暴走を止める最強の力だからである。
思えば、かのアインシュタイン博士も語っている。
「われわれの考えを変え、人の心を変えることが一番重要だ。自分の良心に従う宇宙的人間を創らねばならない」(ウィリアム・ヘルマンス『アインシュタイン、神を語る』雑賀紀彦訳、工作舎)

広島と長崎の悲劇の以後、世界は、実に十三回も、核兵器の使用の危機に直面した。
これは、アメリカ創価大学「環太平洋平和・文化研究センター」の所長であるモンゴメリー博士(ハーバード大学名誉教授)の指摘である。
博士は、原爆投下の翌年、広島を訪れ、復興顧問として尽力された方である。昨年も、広島で講演された。
「一人ひとりが最高の存在になるまで援助し、それぞれの価値観に基づいて人間として大きく開花させていく」創価学会の社会的使命に対し、博士は絶大なる信頼を寄せてくださっている。
核廃絶へ千三百万を超える署名を集めた「アボリション二〇〇〇」の運動も、広島の青年部が口火を切った。
核時代平和財団のクリーガー所長は、その点を高く評価されつつ、私との対談『希望の選択』(本全集第110巻収録)で述懐しておられた。
「運動を続けるなかでは、人々に拒絶されたり、嘲笑されることも少なくなかったと思います。しかし、それを乗り越えて、署名を一つずつ集めてくださった」
「私は感動しました。その一つ一つが『希望の声』であり、署名はまさに『希望の合唱』でした」

平和ほど、尊きものはない。
平和ほど、幸福なものはない。
――七年前、私が、この書き出しをもって、小説『新・人間革命』を起稿したのは、原爆投下の日の「八月六日」であった。
そして、日蓮大聖人が有名な御書「異体同心事」を認められた日付も「八月六日」である。
「異体同心なれば万事を成し同体異心なれば諸事叶う事なし」「悪は多けれども一善にかつ事なし」(御書一四六三ページ)
正義の団結、善の連帯こそ、分断と破壊の魔を打ち破る勝利の要諦である。
永遠平和の原点・広島よ!
世界の希望・広島よ!
強き団結の力で勝て!
雄々しき正義の声で勝て!
不屈の精神の戦いで勝て!
広島には、人間勝利の凱歌をあげる大使命があるのだ!

広島県北部の大朝町に、「中国平和記念墓地公園」が誕生して、まもなく四周年。
私も、いつの日か、この“大いなる朝の町”を訪問し、「二十一世紀の平和の夜明け」への祈りを捧げたいと願っている。