ACTIVITY活動内容

ホーム活動内容平和のための広島学講座開催報告バックナンバー

広島学講座開催報告

第177回 広島学講座

第177回広島学講座が3月15日、広島池田平和記念会館で開催され、アメリカ・バージニア工科大学のジム・ガリソン教授が「池田SGI会長の新たな人間主義と平和思想-私の所感」と題して講演しました。

これまでの池田SGI会長の海外等での講演の内容に触れながら、地球市民としての生き方に言及。他者と関わることで人間革命ができると訴えました。

 

第175回 広島学講座

10月9日、第175回広島学講座が、広島池田平和記念会館で開催され、歴史研究家・森重昭さんを講師にお迎えし、「被爆死した米兵を通して平和を考える」とのテーマで講演されました。

これまで40年以上を費やし、被爆米兵のことを調査してきた森さん。ご遺族との交流も深めてこられました。

長きにわたる、心血を注ぐような調査・研究を続けてこられた原動力は、同じ人間として、苦しみや悲しさに寄り添い、生き残った使命を果たそうとする心。

核の恐ろしさを知らない、知識がないというのは恐ろしいことだと、青年に学んでいってほしいと呼びかけられました。