ACTIVITY活動内容

ホーム活動内容被爆証言ライブラリー

被爆証言ライブラリー

被爆証言ライブラリー

イントロダクション

原爆 広島市 米軍機より撮影した巨大なきのこ雲
人類史上最初の原子爆弾が広島市に投下された。
松山市上空からの撮影
(広島平和記念資料館提供)

1945年8月6日、午前8時15分。アメリカ軍が広島に原子爆弾を投下。
一瞬にして広島は死の街と化し、多くの人の人生を奪い、破壊しました。
大量の放射能、強烈な爆風、摂氏4000度にも達した爆心地の表面温度。
一命をとりとめた人も差別や原爆症に現在も苦しめられています。

原爆死没者名簿には、2016年8月6日現在、30万3,195人の名前が記されています。
(広島市発表)


被爆証言ムービー

創価学会女性平和委員会作成 DVD「平和への願いをこめて—広島・長崎 女性たちの被爆体験—」より